先日、歯医者の前にスモールパケットを出しに郵便局に。

歯医者の近くの2,3回しか行ったことのない郵便局で

ついでに代理購入をしてもらった友人に入金したり、

ついでに書き上げたポスクロや手紙も…とわんさか持ち込みました。

歯医者が17時の予約で、郵便局から歯医者は5分。

郵便局には16時半に着いた。

余裕です。早すぎたかもしれない、と

すでに附票も書いているし、スモールパケットの切手も貼ってあるし

と思ったら、

手紙が引っかかりました。

すべてが測量されまして…

「これはイタリアね~」

「これはモンタナ…モンタ…」と悩む局員さんに

「モンテネグロです。」とこそっと伝えたり。

そして、ポスクロのハガキも測量されようとしたとき、

「ん?!」と言われました。

ちょっと大きな絵葉書が混ざってましたが、

「海外用は国内用より既定サイズが大きいので、問題ない大きさです」と

伝えたのだけれども、

「ちょっと調べさせてね~」と局員さんは奥へ引っ込み、

タウンページのようなマニュアルを持ってきて、

調べ始めました…。

「HPのほうが早くわかるかもしれませんよ~」と呟こうかと思いつつ

待ちましたとも!

数分後、「問題ないですね!」と言われました。

その時、4時50分!!

20分も郵便局で引っかかってましたよ。

一緒に来ていた夫は「なんであんなに遅いの?」と私に怒る。

いやいや、怒られるべきは勉強不足の局員さんで、

私じゃないでしょ!と、こっちも散々に待たされて、

余裕で歯医者のハズが、ぎりぎりになっていてイライラ。

「大きいサイズの絵葉書を出すな!」とまで言われ、

なんでやねん!規定サイズやっちゅうのに!と喧嘩。

結論、いつもの郵便局に行きましょう。

かかりつけの小児科、かかりつけの眼科、かかりつけの歯科のように

かかりつけの郵便局。

いまのところ、お気に入り?は駐車場以外は問題なしの小さい局。

切手を買いに来る人も少ないほどの局なのに、

私が頻繁に行くようになってから国際小包などの処理に慣れ、

国際郵便のときもスムーズなんです。

局員さんも3人で、(内、一人は局長でしょうが)、

どっちの女性になっても慣れたものです。

私の顔を見たら、「あっ!海外(郵便)の人!」と思われてます。

やっぱり、あそこがかかりつけやな、と。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村