globというモジュールがあることを知った。
unixlsコマンドを実行した結果をリストとして返してくれるようなもの。

In [19]: mkdir tmp

In [20]: cd tmp
C:msys64home	mp

In [22]: echo  > 1.csv

In [23]: echo  > 2.csv

In [24]: echo  > a.csv

In [25]: ls
 ドライブ C のボリューム ラベルは OS です
 ボリューム シリアル番号は 3CAF-4C16 です

 C:msys64home	mp のディレクトリ

2015/09/16  16:32    <DIR>          .
2015/09/16  16:32    <DIR>          ..
2015/09/16  16:32                 5 1.csv
2015/09/16  16:32                 5 2.csv
2015/09/16  16:32                 5 a.csv
               3 個のファイル                  15 バイト
               2 個のディレクトリ  337,912,918,016 バイトの空き領域

In [26]: import glob

In [27]: glob.glob([1-9].csv)
Out[27]: [1.csv, 2.csv]

In [28]: glob.glob(?.csv)
Out[28]: [1.csv, 2.csv, a.csv]

In [29]: a = glob.glob(?.csv)

In [30]: type(a)
Out[30]: list

まあ、ディレクトリ内のファイルをあさる時に活躍するかな~。。。

マニュアル
11.7. glob — Unix 形式のパス名のパターン展開 — Python 3.4.3 ドキュメント