鉄を熱いまま叩いてはダメなんですよ。

 

昔どこの村でも町でも鍛冶屋さんはありました。

 

まあそこで言えるのは鍛冶屋は熱くなりすぎたら溶けてしまうのである程度の熱さで叩きますが、それは昔の話で、鍛えるにはある程度以下の温度なければいい粘りあつ鉄にならないのです。

 

昔の鍛冶屋は多すぎる炭素を飛ばすのに熱いうちに叩きますがある程度まで飛ばしたら鍛えるのにやはり低い温度で叩かなければ粘りある鋼になりません。

 

そののち一気に温度を上げて一気に焼きを入れるのです。

 

つまり鉄は熱いうちに打ったらダメなんです。

 

だから子供を早すぎる鍛えるのはダメなんです。それ相応の年齢がいいのですよ。

 

人はその相応の年齢で鍛える必要があります。